年齢によって選ぼう

キャットフードはご自身で飼っている猫ちゃんの年齢に合わせたものを選んでください。とても健康的で活発に動く若い年齢の猫ちゃんに向けたキャットフードを、年老いた猫に与えてしまうと充分に消化することができません。年齢を重ねると硬いものが噛めなくなってしまいますので、若い年齢に合わせたフードは与え続けるとしっかりと噛むことができないまま飲み込んでしまうことになります。そうなれば当然内臓には大きな負担がかかるのです。その結果、便秘になってしまうことや大きな病気を引き起こしてしまうことにもなりかねません。便秘の状態が続き、老廃物などが体内に蓄積されてしまうと最悪は癌などといった病気になってしまうこともあるでしょう。

また猫は比較的尿路結石などを患ってしまうことが多いので、マグネシウムを調整しているキャットフードを選んであげる事も重要になります。年齢を重ねる度にキャットフード選びは慎重に行い、時には栄養バランスに優れ、お肉中心のフードなどを与えましょう。若い頃は反対にお肉中心ではなく、たんぱく質重視のご飯を食べさせてあげるといった方法でも元気な状態を維持することができます。

赤ちゃんの頃から飼育をする際には、赤ちゃん専用のキャットフードを選ぶもしくは1歳以上でも食べられるフードを牛乳や猫専用のミルクでふやかしてから与えるといった方法をとってください。

てづくりフードで愛を込める

ペットとしてかわいがっている猫に与えるフードら、市販されているものを購入するのではなく手作りをするという飼い主さんもいます。手作りをしてしっかりと愛情をこめてあげることによって猫ちゃんにも、その愛情が伝わります。しかしながら人間が作る手作りフードは栄養価が高すぎてしまうことがあるので材料や味付けには十分な注意が必要です。味付けは基本的にほとんどせず、素材の味のみを楽しめるように作りましょう。また使用する材料に関しても消化の良いお野菜などを選んでください。

主食となるのは主にお肉やお魚となります。穀類猫ちゃんの胃腸で消化されにくい特徴を持っていますので、トウモロコシなどが主原料となっているものは避けた方が良いです。出来るだけお肉が主原料になっているメニューを選び、さらには、香料などの人工添加物は加えないようにしましょう。また、毎日同じものばかりを食べてしまうと栄養バランスが偏ってしまいます。そのため、常にメニューの内容は変えて、どんなものでも食べてくれるようにする必要があります。

好きなものばかりを与えていると嗜好性が強くなり好き嫌いをしてしまいますので、お肉ばかりではなくお魚を与えること、さらにはお野菜などを与えることもしっかりと考えていきましょう。大豆などの豆類を与えるのも重要なことです。タンパク質を摂取することによって内臓が健康的な状態となり、毛づやもよくなります。

ドッグフードはNG

猫に与えるペットフードに比べて犬に与えるドッグフードは、比較的価格がリーズナブルな傾向にあります。また種類も豊富になっていますので飼っている猫に対しドッグフードを与えている飼い主さんもいるようです。しかし猫専用に作られているフードと犬専用に作られているフードは様々な原料に違いがあります。また犬と猫では体の作りが違っています。猫の内臓に負担をかけないためにもドッグフードは避けましょう。缶詰であっても固形タイプのフードであっても同じです。

猫はもともと肉食なのですが、肉を主原料としたドッグフードを与えることも避けてください。犬には大丈夫な成分も、猫には良くないといった影響を与えてしまうことがあります。また毛ヅヤにも大きな変化が現れてしまいますので、必ず猫専用に作られたペットフードを選びましょう。

また、猫に与えるペットフード選びをする際に米国飼料検査官協会の基準を満たしているものを選んでいくのも大切なことです。海外製品を与える時には必ずこの表示をしっかりとチェックしましょう。こちらの米国飼料検査官協会というのはAAFCO基準といった表示になります。この表示をクリアしているといった製品は必ず上記の表示がありますので、これがないタイプのフードは避けた方が良いでしょう。

猫のためにペットフードを選ぼう

近年は猫カフェなどができるほど猫が大好きな人が沢山いるようです。猫がどんなに大好きでも自分で飼えないという方もいるため、猫カフェの需要がどんどん高くなっています。その一方でペットとして猫を飼っている方は、ペットフード選びをする際にどんなこだわりを持ってろでしょうか。どの飼い主さんであっても自分のこだわりを持っているというのですが特に注意したいのは、主原料となります。どんな原料が使われているのかをしっかりと調べず、適当に選んでしまうと猫ちゃんにとって悪影響を与えるフードの可能性もあります。

猫のためにしっかりとペットフードを選んであげることは、飼い主としても非常に重要な責任といえるでしょう。中にはペットの猫に対し、リーズナブルだからと言ってドッグフードを与えている飼い主さんもいます。しかしドッグフードは基本的にNG だと思っていた方が良いでしょう。とても大切な猫ちゃんのために毎日手作りフードで愛を込めるという飼い主さんもいるほどです。また、猫のためのペットフード選びの中でも年齢によってフードを選んであげることを忘れずに。年齢に応じて消化できる成分などが変わってきます。

そのため年齢を重ねれば重ねるほど、ごく少量であってもしっかりと栄養が取れるようなフード選びをすることが重要になります。例えば保存料として含有されている成分にも人工的な成分と、そうではない成分があります。人工的な成分が添加物として含有されているフードは避けましょう。

猫が食べたくなるペットフードを紹介!